化粧水が必要な理由と効果的な使い方

化粧水とは肌の保湿をする為のものである。これはおそらくお化粧をする方ならどなたでも知っている事だと思います。しかし、どのように、どの程度使ったら良いのか?という事は、案外知らない人が多いのではないでしょうか?化粧水というのは一日一回朝付ければOKと思っている人が多いのではないでしょうか?
しかし、化粧水は蒸発するものなのです。なにしろそのほとんどが水で出来ています。自然の摂理として水は時間が経つと蒸発します。つまり肌のうるおいを常に保つには化粧水はたっぷりと使う必要があるのです。
化粧直しの際に化粧水をたっぷり使うのは化粧崩れを防ぐ効果もありますし、また、化粧した上からでも化粧水を使うのは問題ありません。使い方で問題となるのはパッティングです。
コットンなどを使った強いパッティングは肌を傷付けたり毛細血管を傷つけたりします。一時期パッティングで化粧水を肌に叩き込むというようなやり方が流行った時期がありましたが、これはお肌には危険な方法です。
傷付いた肌は荒れやすくなりますし、皮膚が硬化してしまう可能性も高いです。化粧水を使う場合は、なるだけ優しくたっぷりと使用するようにした方が良いでしょう。
顔というのは常に外気に晒されているので、乾燥しやすく荒れやすい環境にあります。化粧水というのはそれを保湿する事によって保護する役割があるのです。使用はたっぷりと、付ける時は優しく。最低限それだけは注意して使うようにしてください。
化粧水の後のスキンケアも美肌維持にはとても重要になってきます。しかし、時間が取れなくてちゃんと十分にスキンケアができない人もいるようです。中途半端になってしまうと効果も半減してしまいますから、オールインワンゲル等を使用するのもエイジングケアに効果的ですよ。